特定非営利活動法人東京城北環境カウンセラー協議会の概要


環境カウンセラーは、環境省が平成8年9月5日付告示第54号で制度化し、審査・登録した環境保全活動に専門的な知識と豊富な経験を有する人材で、地域社会に密着して自ら環境保全活動に取り組むとともに、助言、指導、支援を行う役割を担っています。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

   理事長 古里明瑠

ダウンロード
定款.pdf
PDFファイル 193.2 KB

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

設立

平成13年3月10日、平成20年3月7日法人登記

 

設立目的、経緯 

「特定非営利活動法人東京城北環境カウンセラー協議会」は、東京城北地域に在住、在勤の環境カウンセラーが、結集することによって相互に補完、研鑽し、対応する幅と能力を高め、環境保全活動を通じて、地域社会の発展に貢献することを目的としています。


現在の会員数:31名


代表 古里明瑠

 

所在地 東京都北区上中里3-15-6

 

活動内容

当会は、設立目的を達成するために、環境省ならびに関係諸団体と協力しながら、次の活動を行っています。

1. 環境保全に関する情報の収集、調査研究

2. 環境に関わる講演会、講習会、見学会、研修会などの開催

3. 地域住民ならびに事業者(企業)、教育・行政機関、団体等に対する環境保全活動の、啓発、助言、指導及び支援

4. その他本会の目的を達成するために必要な活動


活動範囲

東京城北地区(練馬区、板橋区、豊島区、北区、荒川区、足立区、文京区、台東区、葛飾区、墨田区)を中心に活動しております。

 

例会

毎月、メンバー2名がそれぞれの得意分野の講演を行っています。


専門活動

加盟関係団体と協働で、次の専門的な活動を行っています。

① EA21推進専門活動

環境省の推進する「エコアクション21」取得を支援する活動で、EA21審査人、ISO14000審査人等専門家で構成され、都連(東京環境カウンセラー連合会)傘下の杉並、武蔵野・多摩等との協働で、企業、団体等に対する啓蒙から、指導・コンサルティング、審査まで担当しています。

② 環境教育専門活動

傘下各区の小・中学校や、成人学習グループ等を対象に、環境教育の指導支援を通じて、将来の環境立国の基礎固めに寄与しています。

③ 循環型社会専門活動

家庭ゴミから産廃まで、廃棄物ゼロの循環型社会実現を目指す活動で、見学会や、啓蒙広報を通じて、地道な活動を行っています。

④ 化学物質専門活動

特定化学物質のPRTR制度の勉強会を開催し、環境汚染防止対策について調査研究を進めています。

⑤ 自然環境・都市環境専門活動

板橋野鳥の会、善福寺川を見守る会など自然環境保護関係の団体や、エコとしま協議会などと協働しながら、活動を進めています。


市民部会

環境カウンセラー市民部門登録者間の相互の情報交換や活動支援等を行い、地域の環境の向上と問題の解決を図るため、市民や学校等を対象とした環境学習講座、自然観察会等の運営や講師として環境啓発活動を行なっています。


関係団体

・環境省並びに環境省所管の公益法人((財)日本環境協会、(社)全国環境保全推進連合会、(財)地球環境戦略研究機関)

・加盟団体(NPO法人環境カウンセラー全国連合会、東京環境カウンセラー団体連合会)

以上